fbpx

ブログ

正しい考え方をもつと、人は集まる

売上を上げる時に、仕組みを作る必要があります。

しかし、売上を上げることを目的にしている整骨院は、残念ながら、一時的に伸びますが。

残念ながら長く続きません。

売上を100万円達成した。

よし、次は200万円だ。

それも達成したら、次は300万円だ!!

どんどん、ハードルは上がるものですし、自分に負荷をかける意味ではそれも、いいと思います。

しかし、それだけでは限界があります。

数字は、結果であって目標を立てても必ずしも達成できるものではないからです。

気持ちは、ウキウキしてモチベーションは、瞬間的には上がりますが。

上がったモチベーションは、下がるものです。

まして、もう食えているとなると、無理をして稼ぐ必要性がなくなる訳です。

無理して、チャレンジするより、今のままでいいかと思うのが普通の考え方です。

そこで大事なのがMISSIONです。使命というものです。

例えば「月商300万円を達成するために治療院を経営する」という目的で経営をするのと、「治療院を通して地域の患者さんの健康を守る」という使命を持って治療をするのとでは、全然意味が違います。

前者の気持ちで、300万円の為に集客されている人達の気持ちになってもらうと、どんな気持ちですか?

自分の利益の為に人を集めているのと、地域の健康を増進するために、身体のトラブルで困っている人を集客するのでは、全く違うんですね。

300人の患者さんの健康をなんとしても取り戻して、出来なかったことを思いっきり出来る身体になってもらうぞ!!

こういう考えがあってこそ、目標は達成されますし、

本当の意味での達成感があるから、エネルギーのある治療院が出来上がります。

会社の売上や、個人の利益の為にやっていたら、当然モチベーションは上がらないですよね。

「今月の売上300万円なんで、これに向かって皆頑張ってください。」

だとスタッフさんも面白くもなんともないはずです。

本来は、よし!俺たちの治療院でめちゃ元気にするぞ〜!!っと思っている治療院に行きたいのが普通ですよね。

最初は、目標を達成するための集客でもいいと思います。

しかし、ある程度になったら、そうではなくて、「患者さんを健康にして笑顔にするために集客するぜ!!」にシフトしてもらいたいです。

そうすれば、発信するメッセージも全く変わってきますし、良いエネルギーの患者さんが集まってきてくれます。

少しでも参考になったら嬉しいです。

The following two tabs change content below.
浜野 望登
2010年、人口5万人の地方、逗子市で整骨院を開業する。完全自費治療の整骨院を作り、15分7,500円の高単価ながらも、平均リピート回数は20回以上。院長、学生のスタッフ2人で稼働日数18日、17時に受付終了の業界でもあり得ない営業時間ながら、月商500万円を超える整骨院を作り上げる。2017年5月に2店舗目を横浜市に開業する。完全自費治療ながら、月の平均集客人数70人をキープ開業半年で月商300万円を超える。現在治療院の全国組織、繁盛治療院ネットワークを発足し、現在会員150人を超え、多くの会員さんの実績を出している。
浜野 望登

最新記事 by 浜野 望登 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP